数学やプログラミングや映画など

新米SEがwebと数学と映画についてつらつら書きたいブログです。

学生がランサーズを2週間使って小銭を稼ぐ話【体験談】

クラウドソーシングサービス「ランサーズ」を利用して、ネットのみの在宅ワークで小銭を稼いだ感想です。

 

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

前回の記事の続きになるので、前回の記事を読んでいない方はこちらからどうぞ。

   ↓ ↓ ↓

 

math-it.hatenablog.com

 

今回はタスクを合計120件以上こなした結果の感想と評価、稼いだ額の記録になります。

 

また、前回の記事で認証状況が皆無だったのですが、4件とも全て認証しました。

思っていたより効果(?)があったのでそれについても軽くコメントをしたいと思います。

 

 

まず現在の私のランサーズにおける実績とプロフィールはこちらになります。

 

実績とプロフィール

 

f:id:nknshmsk:20151020215551p:plain

 

はい、プロフィールは相変わらず空っぽです!!←

 

まず実績について着目してみましょう。

 

実績

f:id:nknshmsk:20151020215801p:plain

 

2週間(正確には15日間)で128件のタスクをこなしました。

 

ちなみに一件のタスクをこなすのに対して平均3~4分程かかっているので、費やした時間は約450分程度(7時間半)になります。

気が向いたら1時間ぐらい作業しますし、気が向かなければ1件やって寝るみたいな生活をしていました←

 

そして稼いだ金額はなんと2,277円!!

実際はまだ作業してから承認されていない作業が30件程あるので、2500円は稼いでいると思います。

やったね金麦がたくさん飲めるよ!!!!

 

 時給に換算するとなんと・・・

 

 333円/時!!

 小学生の小遣いかよ!!

 

まぁやっている作業自体は誰でもできる単調作業で、

2画面でyoutubeを見ながらやっていましたので、その作業に対してこれだけの金額を貰えるのはかなり嬉しいところです。

 

かるく評価

 -思っていたより美味しい仕事

 -寝る前の空き時間を使って2週間で2500円はちょっとうれしい

 -金麦飲めるぜわーい!

 -やっぱりプロフィールを記入するのはめんどくさい・・・

 

 

次に認証状況について見てみましょう。

 

認証状況

f:id:nknshmsk:20151020221119p:plain

項目4つの認証を全て完了させました。

 

なんかめんどくさいと感じていたのですが、実際に行うことは非常に簡単でした。

 

本人確認は身分証の写真をwebで送るだけでした。

スキャナが無いと駄目かなと思ったのですが、スマホのカメラで保険証を撮った写真を送ったら大丈夫でした。

文字が確認出来れば問題ないようです。

 

機密保持確認は、本人確認が済んだ後にいくつか確認事項を読み、同意をするだけでした。

 

ランサーズチェックはすでに済んでおり、簡単な質問にwebで回答するだけでした。

 

電話確認は、指定された電話番号に電話して音声ガイドに従ってダイヤルを押すだけでした。

ちなみに20秒ぐらいで終わりました(笑)

 

さて、これら4つの項目が完了しての感想です。

 

明らかに作業を行える仕事が増えました

 

今までは、認証が済んでいないので作業できないというものが全体の1/3程度ありました。

1日にタスクの仕事は70件前後追加されますので、実際作業可能なものは50件強、

さらにそのうちの半分ぐらいは特定の人物がターゲットのものです。(性別や年齢など)。

また、作業が出来る人数は上限が定められており、早いもの勝ちで埋まってしまいます。

なので、一日に最大でも15件前後ぐらいしか作業が行えませんでした。

それぐらいでしたら1時間弱で終わってしまいます。

 

そこで認証を4項目行ったことにより、明らかに仕事の量が増えて、

少なくとも1時間じゃ終わらないぐらいにはなりました。

 

また、認証が済んでいないとできない作業は他の作業と比べ、同じ作業量でも若干単価が高い印象にあります。

 

これらのことから、かける労力は変わらずに明らかに稼ぐ効率が上がりました

 

認証について感想と評価

 -思ったより簡単なプロセスだった

 -認証を済ませると稼げる額が上がる

 -もっと早くやればよかった・・・

 

 

以上が前回の記事から1週間ちょっとたっての感想になります。

まだ使いこなせてない感満載ですね。

やっぱり情報交換できる人が居たらうれしいですね。

 

 暇を持て余してる人が居たらどうぞ!

  クラウドソーシング「ランサーズ」

 

次の記事は今度こそプロフィールの充実と、

タスクの仕事内容(具体的なものではなくざっくりと抽象的に紹介)か、

タスク以外の仕事にチャレンジしてみた記事について書いてみたいなと思います。

 

 

 

 

学生がランサーズを5日間使ってみた話【体験談】

クラウドソーシングサービス「ランサーズ」を利用して、ネットのみの在宅ワークで小銭を稼いだ感想です。

 

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

まず私の簡単のスペックを。

スペック

   -20代前半

   -某理系私立大学院生

   -スキルは研究で用いるプログラミングを少々とウェブサイトの作成を少々(どっちかっていうとバックエンドより)

   -スキルがお金になった経験はほぼ無し←

 

ランサーズを利用したきっかけ

   -一日に暇な時間が平均1~2時間程ある

   -ブログを書けるようになりたい

   -いつかフリーランスになりたい

   -金がない←

 

貧乏大学生がランサーズを使ってみて一週間がたったので記事にしてみます。

 

ランサーズとは?

   -今流行り(?)のクラウドソーシングサービス

   -クラウドソーシングとは仕事を依頼する企業と仕事をしたい個人をマッチングするサービス

   -このクラウドソーシングサービスの業界では国内最大級

   -学生からガチなフリーのSE、専業主婦まで様々

   -仕事の受け方に種類ある

 

仕事の受け方として、「プロジェクト」「コンペ」「タスク」の3種類があります・

 

プロジェクトは、

企業の人が募集→見積もりや計画の提案→採用→直接やり取りをし仕事をこなす

の流れになります。ウェブサイト制作などの仕事が多い印象にあります。単価は高いものから低いものまであり、数万円から数百万円の仕事があります。

 

コンペは、

企業の人が募集→制作物を送る→多くの制作物から自分のものが選ばれたら報酬

の流れになります。デザイン系(ロゴの作成など)の仕事が多い印象になります。単価は、プロジェクトと比べたら低くはなりますが、数千円から数万円といったところでしょうか。

 

タスクは、

企業の人募集→web上でテキストの送信→承認されたら報酬

の流れになります。文章作成やSEO調査、音声の文字起こしなどの仕事が多い印象にあります。単価は低く、数円のものから数千円のものまでになります。

 

今回はタスク50件程こなした結果の感想・評価になります。

 

 

学生目線では

   -小銭が稼げる

   -スキルを活かした仕事を受けれる(プログラミング、デザインなど)

   -スキルが無くても単純作業の仕事も多い(SEO調査やライティング)

 

私の目的

    -小銭を稼ぐ(あわよくば大銭←)

    -一日1~2時間で、さらに在宅で

    -ライティング(文章作成)の仕事で文章力を磨き、ブログをたくさん書けるようになりたい!(ここ大事!)

 

主に上記の三つを頑張ろうとランサーズを利用することを決めました。

 

ここから実際に5日間利用してみた結果と感想になります。

 

 まず現在の私のランサーズにおける実績とプロフィールはこんな感じです。

f:id:nknshmsk:20151010133813p:plain

 

 

 はい、意識低すぎですね!プロフィールの入力など全くしておりません!←

 

まずここで注目したいのが、認証状況です。

f:id:nknshmsk:20151010134110p:plain

4項目あるのですが、ランサーズチェックのみしか行っておりません。

ランサーズチェックは簡単に言えばパソコンは安全に使ってるか、とかメールはちゃんと確認するかとかの項目に回答するものになります。

こちらはweb上で10項目ぐらい回答するだけなのでチェックは済んでおります。

他三つに関しては見ての通り手間が若干かかりそうなので、とりあえず1週間様子を見てから行うことにしました。

ちなみにこの4項目を行わないと、受けることが出来ない仕事がありますので今後行う予定です。

 

これらを見ると私がランサーズで如何に自分をアピールしていないかわかります(笑)

 

次に実績になります。

f:id:nknshmsk:20151010134106p:plain

 

はい、5日間(一日1~2時間弱)で275円稼げました!←

 

というのはとりあえずの実績上の話で、まだ反映されていない仕事が多くあります。

上の図だと大体15件ぐらいの仕事が承認されて反映されています。

 

今のところ承認率は100%なので、今終えた仕事がすべて反映されたとしたら大体1000円ぐらいの稼ぎになります。

 

とりあえずここまでが5日間行った状況です。

 

かるく評価

    -思ったよりタスクの仕事は楽

    -空き時間で片手間に出来たので楽

    -稼ぎは時給換算したら微妙

    -5日間、空いた少しの時間を使って1000円もらえるのは嬉しい

    -プロフィールを全く充実させていない割に稼げる(ここ大事!)

 

思っていたより楽な仕事もたくさんありました。

 

タスクの仕事は誰でも出来る単純作業がメインなので、youtubeニコニコ動画を見ながらでもミスさえなければ全く問題ありません。

 私の場合、とりあえず承認率100%なのでミスは無いと信じたいです←

 

また、プロフィールを全く書いておらず、さらに誰にも評価をしてもらっていないにも関わらず作業をこなせて稼げるのは大きいです。

私の場合プロフィールを埋めるだけで疲れてしまいますし、早く作業をしてみたいという気持ちがありました。

 

ここまでが5日間使ってみての感想です。

まだ割とシステムがわからない部分もあるので、情報交換できる人が居たら嬉しいです。

 

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

次の記事は2週間ぐらい使ってタスクを増やして、プロフィールを充実させてみて変わったことについて書いてみようと思います。

 

続き書きました!

 

cakephp2.xでアソシエーションを利用したデータの保存をするフォームの作成

cakephpのFormヘルパーとアソシエーションの話。

cakephpを初めて1週間程(ほんとは3ヶ月前に1週間やって挫折)の私が詰まったところ。

$hasManyされる側のフィールド名がxxx_idの際の注意点。

対象となるテーブルは以下の二つ。

playテーブル

CREATE TABLE `plays` (
`id` int(11) NOT NULL,
`play_date` date NOT NULL,
`created` datetime DEFAULT NULL,
`modified` datetime DEFAULT NULL
)

resultテーブル

CREATE TABLE `results` (
`id` int(11) NOT NULL,
`post_id` int(11) NOT NULL,
`member_id` int(11) NOT NULL,
`point` int(11) NOT NULL
)

 

playsテーブルにplays.id=results.post_idでleft joinする感じ。

1プレイ(playsテーブル)に対して4人のメンバーの得点(resultsテーブル4レコード分)に保存される。

麻雀の記録を保存するツールを作ろうと、とりあえず作ったもの。

cakephpでは上記のテーブルに対しそれぞれモデルを作成し、アソシエーションを考える。

今回はplaysテーブルに対し、resultsテーブルのレコードが4つぶら下がるので、アソシエーション名は$hasMany

 Model/Play.php

----------------------------------------------------------

class Post extends AppModel {

    public $hasMany = "Result";
}

  -----------------------------------------------------------

 

そしてresultadd.ctpに戦績を挿入するフォームを作成、とりあえず一戦だけテストで入力するフォームを作成。memberテーブルはあるけど、とりあえず手動で入力するフォーム。

 

View/Plays/resultadd.ctp

----------------------------------------------------------

<h2>Add Result</h2>

<?php
echo $this->Form->create('Play', array('action' => 'resultadd'));
echo $this->Form->input('Play.play_date');

echo $this->Form->input('Result.0.member_id');
echo $this->Form->input('Result.0.point');
echo $this->Form->input('Result.1.member_id');
echo $this->Form->input('Result.1.point');
echo $this->Form->input('Result.2.member_id');
echo $this->Form->input('Result.2.point');
echo $this->Form->input('Result.3.member_id');
echo $this->Form->input('Result.3.point');


echo $this->Form->end('Add Result!!');

  -----------------------------------------------------------

 

こうすると、フォームのtypeはDBのフィールドに対応したものになるはず。

つまり今回は、

echo $this->Form->input('Play.play_date'); //←date

echo $this->Form->input('Result.0.member_id');//←number
echo $this->Form->input('Result.0.point');//←number

になるはずが・・・

 

member_idだけnumberにならない!!

なぜか<select></select>になる!!

 

色々調べた結果、フィールド名がxxx_id(xxxは任意)だとtypeがセレクトになるようです。

cakephp/FormHelper.php at 2.8 · cakephp/cakephp · GitHub

 

自分でoptionを指定してあげると任意のtypeにできるので、渋々指定。

echo $this->Form->input('Result.0.member_id',array('type'=>'number'));

 

これでtypeがnumberになり一安心。

命名規約が厳しいのでidとかのそれっぽい名前を使うときは注意ですね。